2018年01月27日

まだまだ寒い都心、6日連続氷点下…34年ぶり【読売新聞2018年1月27日】

厳しい冷え込みの中、東京・上野の不忍池に張った氷の上を歩くユリカモメ(27日午前)=片岡航希撮影

 強い寒気が上空に流れ込んだ影響で、27日朝は東京都青梅市で平年を約7度下回る観測史上最低の氷点下9・3度を記録した。

 東京都心も氷点下1・8度で、1984年2月以来、34年ぶりに6日連続で最低気温が0度を下回るなど、関東を中心に厳しい寒さとなった。

 気象庁によると、27日朝の最低気温は、栃木県塩谷町で氷点下12・6度、茨城県北茨城市で同9度、東京都八王子市で同8・7度、神奈川県海老名市で同7・7度など、各地で1月の観測史上最低を更新した。

 日中も気温は上がらず、都心の最高気温は平年より3度低い6度の見通し。
http://www.yomiuri.co.jp/national/20180127-OYT1T50043.html

http://archive.is/PGgWB

タグ:ユリカモメ
posted by BNJ at 10:51 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: