2018年01月27日

「コウノトリ米」が国際認証取得 東京五輪へPR【神戸新聞NEXT2018年1月27日】

コウノトリ育むお米を手に、認証を喜ぶ生産者たち=豊岡市九日市上町、JAたじま本店
 JAたじま(兵庫県豊岡市)はこのほど、無農薬・無化学肥料で栽培した「コウノトリ育むお米」について、ドイツの民間団体による国際認証「グローバルGAP(農業生産工程管理)」を取得したと発表した。米の認証はまだ珍しいといい、農作物の安全性などに“お墨付き”が得られた形だ。今後は、2020年の東京五輪・パラリンピック選手村での提供を目指し、PRを進めていく。

 同JAによると、海外の商談会などでは、第三者機関による安全性などの評価を求める声が多く、海外に販路を広げる“武器”にしようと、16年秋ごろから五輪への出品や認証取得を計画。17年6月、無農薬米を手がける生産者4人と推進協議会を立ち上げた。栽培や管理の記録作りなどを進めた上で9月の審査に臨み、今月22日に認証を取得したという。
https://www.kobe-np.co.jp/news/tajima/201801/0010934390.shtml

http://archive.is/jToJp

タグ:コウノトリ
posted by BNJ at 22:33 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: