2018年02月01日

後楽園のタンチョウ散策中止 4日と11日、鳥インフル対策【山陽新聞デジタル2018年2月1日】

 後楽園(岡山市)は31日、さぬき市での高病原性鳥インフルエンザの発生を踏まえ、4、11日に予定していたタンチョウの園内散策を中止すると決めた。

 両日とも約1時間、飼育している4羽を飛ばしたり、芝生広場を歩かせたりする予定だったが、野鳥との接触を防いで感染防止を図る。

 同園は飼育施設の消毒回数を増やしたり、消毒液をまいたマットを飼育施設周辺に置いて入園者の靴底を消毒したりしている。

 中止に伴い、2017年度の園内散策は終了。18年度は9月から行う予定。
http://www.sanyonews.jp/article/662451

http://archive.is/O1Fxe

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: