2018年02月03日

渡良瀬遊水地写真展 26点展示 あすまで小山で /栃木【毎日新聞2018年2月3日】

 「ラムサール条約湿地登録5周年記念 渡良瀬遊水地ラムサール写真展」が2日、小山市下国府塚の小山評定館(道の駅思川内)で始まった。4日まで。

 渡良瀬遊水地は2012年7月、国際的に重要な湿地の保全を目指すラムサール条約に登録された。今回は「渡良瀬遊水地第2調節池フォトコンテスト」の入賞作品計26点が展示される。

 関連行事として、3日午後1時半からフォトコンテストの審査委員長を務めた写真家・堀内洋助さんによる写真講座があり、4日午後1時半からは日本コウノトリの会の佐竹節夫代表による記念講演なども行われる。

 小山市渡良瀬遊水地ラムサール推進課の担当者は「春夏秋冬さまざまな表情を見せる渡良瀬遊水地を見てほしい。コウノトリの野生復帰の最前線の情報や写真講座で魅力を再認識してもらえれば」と話している。

 時間は午前9時から午後5時(4日は午後4時まで)。入場無料。【萩原桂菜】
https://mainichi.jp/articles/20180203/ddl/k09/040/103000c

http://archive.is/qt7nh

posted by BNJ at 20:41 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: