2018年02月10日

結氷の段戸湖、雪が覆う 設楽町【中日新聞2018年2月10日】

全面結氷を雪が覆い、静まり返った段戸湖=設楽町田峯で

 連日厳しい冷え込みが続く奥三河山間部。段戸裏谷原生林(設楽町田峯)の一角に広がる段戸湖は、全面結氷した湖面を雪が覆い、冬の日差しにまぶしく輝いている。

 標高九一七メートルの高地に設けられた二ヘクタールのかんがい用人造湖。一帯の気温は北海道函館市とほぼ同じといわれ、一九八〇年二月二十七日には氷点下二〇・五度を記録している。

 長年この地に足を運んでいる東海自然歩道パトロール員の竹下工(つかさ)さん(67)によると、一月中旬以降、湖周辺の最低気温は氷点下一〇〜一五度で推移。「流れ込む川の水も凍っている。こんな現象は、ここ数年なかった」と驚く。

 二〇センチ前後の積雪を踏んで遊歩道を歩くと、湖面のあちこちに大小さまざまな足跡が見られる。カモシカ、ニホンジカ、ウサギ…。人影が絶えた湖は、動物たちの天下らしい。

 厳冬の原生林にも、見どころはある。すっかり落葉しているため、野鳥観察には最適なのだ。「県内では珍しいオオアカゲラやキバシリも見られます」と竹下さんは話した。

 (鈴木泰彦)
http://www.chunichi.co.jp/article/aichi/20180210/CK2018021002000055.html

https://megalodon.jp/2018-0210-2313-04/www.chunichi.co.jp/article/aichi/20180210/CK2018021002000055.html

posted by BNJ at 23:14 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: