2018年02月10日

池田動物園をアート作品展で応援 岡山のギャラリー「陶佳」【山陽新聞デジタル2018年2月10日】

池田動物園の人気動物などをモチーフにした作品が並ぶ会場
 池田動物園(岡山市北区京山)を応援しようと、同園の人気動物などをモチーフに制作されたアート作品や雑貨の企画展が、同市中区八幡東町のギャラリー陶佳で開かれている。18日まで。

 ホワイトライオンの「ハタリ」の毛を使ったフェルトオブジェ、ペンギンやイノシシのガラス細工、アミメキリンの「桃花」をかたどった銀細工のストールピンをはじめ、肉球をワンポイントにあしらった食器、猫の木工作品など愛らしい約500点を展示。ハタリやフラミンゴのオブジェと記念撮影できるコーナーもある。

 作品は趣旨に賛同した県内外の15組が寄せた。会場に募金箱も設け、売り上げの一部とともに同園に寄付する。ギャラリーオーナーの土井佳子さんは「多くの人に見てもらい、池田動物園への関心を高めてもらえたら」と話している。

 午前10時〜午後5時。13日は休み。15、16日には動物のブローチ作り講座(1500円)もある。問い合わせは同ギャラリー(086―275―0727)。
http://www.sanyonews.jp/article/667280

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: