2018年02月10日

好きっちゃ9 ビオトープの冬鳥観察会 若松 /福岡【毎日新聞2018年2月10日】

 響灘ビオトープ(若松区響町1)が11日午前9〜11時、「ガイドとめぐる野鳥観察月例会」を開く。毎月第2日曜に開催しており、この季節はカモ類、響灘ビオトープ提供=を中心に、越冬のために大陸から訪れる珍しい冬鳥たちが見られる。

 野鳥観察会は2012年10月のオープン時にスタートし、区内外から参加者を集めている。当日はガイドの説明を聞きながら敷地内を散策。多種多様なカモ類のほか、タカ科のハイイロチュウヒ、ツグミ科のジョウビタキなどを観察する。

 小雨決行、申し込み不要。小学生以下は保護者同伴で。双眼鏡の無料貸し出しあり。参加無料だが入園料(一般100円、小中学生50円)が必要。【長谷川容子】

〔北九州版〕
https://mainichi.jp/articles/20180210/ddl/k40/040/551000c

http://archive.is/pgaP9

posted by BNJ at 23:20 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: