2018年02月17日

富山)ライチョウ基金 寄付額1300万円に【朝日新聞デジタル2018年2月17日】

人工飼育されている成鳥の卵から6月17日に孵化(ふか)し、成長したライチョウのオス=富山市ファミリーパーク提供

 国の特別天然記念物で、絶滅危惧種のニホンライチョウの飼育や繁殖技術確立のための「ライチョウ基金」への寄付が、当初目標額を上回る1300万円に達した。募集期限は2月末までのため、引き続き支援を呼びかけている。

 寄付は、昨年12月からクラウドファンディングで全国から募っている。当初目標額の1千万円には今月10日に到達。新たに設けた目標の1300万円にも、14日に達した。

 集まった資金は、富山市ファミリーパーク(同市古沢)を中心に、ライチョウの保全事業に取り組んでいる10動物園のプロジェクトチームで活用する。増額分の300万円は、ライチョウの野生復帰に向けた取り組みなどに充てられる。

 同パークの石原祐司園長は、「ほっとした。ライチョウを取り巻く自然環境保護への思いに応えるために頑張っていきたい」と話している。(吉田真梨)
https://www.asahi.com/articles/ASL2F5RX8L2FPUZB00R.html

http://archive.is/V6Oy6
北陸発 ライチョウ基金1000万円達成 「絶滅させないで」ファミリーパークに善意【中日新聞2018年2月11日】
ライチョウ保全、ネットで募金中 目標1000万円【朝日新聞デジタル2018年2月6日】
ライチョウ基金1000万円協力を ネット通じ520万円集まる 富山市ファミリーパーク【北日本新聞ウェブ2018年1月18日】
ライチョウ 愛の手を 人工繁殖、CFで寄付金募る 富山市ファミリーパーク /富山【毎日新聞2018年1月16日】
ライチョウ保護にクラウドで寄付 保全の取り組み全国へ【共同通信2017年12月1日】

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: