2018年02月19日

タンチョウ 「恋の季節」、雪中の舞い 北海道・鶴居【毎日新聞2018年2月18日】

雪中を舞うタンチョウ=北海道鶴居村で2018年1月31日、梅村直承撮影
 国の特別天然記念物タンチョウが冬を過ごす北海道鶴居村で鳴き声をあげ、雪中に舞っている。

 日本野鳥の会が運営し、保護活動の一環で給餌している「鶴居・伊藤タンチョウサンクチュアリ」では、近くのねぐらの雪裡川から飛来したタンチョウが舞う姿を撮影しようと、国内外から多くの人が訪れる。

 多い日には200羽以上が飛来したという。2月いっぱいはタンチョウが頻繁に求愛ダンスを行う本格的な「恋の季節」だ。【梅村直承】
https://mainichi.jp/articles/20180218/k00/00e/040/201000c

http://archive.is/yJBat

タグ:タンチョウ
posted by BNJ at 10:38 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: