2018年02月20日

ムクドリをタカで一掃 掛川市中心部で試験実施【静岡新聞アットエス2018年2月20日】

追い払いに使われたハリスホーク
タカを飛ばして電線のムクドリを追い払う鷹匠=掛川市中央

 掛川市は19日、市中心部の電線や街路樹に群れるムクドリへの対策として、タカによる追い払いを試験実施した。浜松市北区の害鳥駆除業者「鷹匠」が中型のハリスホーク2羽を飛ばし、群れの排除を試みた。
 市中心部ではムクドリが連日飛来し、ふんや騒音の被害が深刻化している。今回実施したJR掛川駅北西の商店街は、1カ月ほど前から連日夕方になると電線に千羽単位の群れが集まり、深夜まで鳴き続け、歩道は一面ふんで汚れている。
 ハリスホークはムクドリを追い、捕食する習性があるという。同社の田中実社長(41)らが群れを目がけて飛ばすと、ムクドリは一斉に飛散した。群れが再び近くの電線に集まると、田中社長らがライトでタカを誘導し、追い回す作業を何度も繰り返した。
 田中社長は「ムクドリを安心させないように継続的に実施すると効果が表れるはず」と話した。市は20日夜も試行し、今年夏ごろに本格実施する予定。
http://www.at-s.com/news/article/local/west/459811.html

http://archive.is/jsJ3C

ドローンと音で迷惑カラス誘導 山形市、仙台市との連携生かす【河北新報オンラインニュース2017年9月1日】(猛禽類による追い払いをしてきたが、効果はいずれも長続きせず)

鷹によるムクドリ追い払い作戦が失敗【OBS大分放送ニュース2017年1月25日】(既報関連ソースあり)
大分)ムクドリ再び、大分市お手上げ? タカ効果消え…【朝日新聞デジタル2016年12月19日】(既報関連ソースまとめ)
ムクドリ退散 しかし別の鳥が…(大分県)【NNNニュース2016年9月15日】

ムクドリ大群 追い払いは逆効果 ふんや騒音、自治体悲鳴 解決難しく、共存探る 土浦【茨城新聞クロスアイ2017年9月30日】

posted by BNJ at 10:21 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: