2018年02月20日

バリアフリー探鳥会 来月21日、宝が池公園 日本野鳥の会 /京都【毎日新聞2018年2月20日】

 日本野鳥の会京都支部(京都市南区)は3月21日、宝が池公園(左京区)で「バリアフリー探鳥会」を開く。高齢者や車いす利用者ら、さまざまな人にバードウオッチングを楽しんでもらおうと、昨年に続き2回目の開催。今回は視覚障害者と聴覚障害者にも対応する。

 宝ケ池の周囲を散策しながら、オシドリやカワセミなど20種類以上の野鳥を観察する。段差や障害者用トイレの有無などを事前に調べコースを選定。視覚障害者には指で触って鳥の形がわかる点字野鳥図鑑と、観察可能な鳥のさえずりを録音した機器を準備する。聴覚障害者には手話通訳と口述筆記のボランティアが同行する。

 午前10時に地下鉄国際会館駅4番出口エレベーター前集合。昼食休憩を挟み午後3時まで。参加無料。双眼鏡や望遠鏡は野鳥の会が用意するが、昼食や飲み物は各自持参。申し込みはメール(tit@wbsj-kyoto.net)で日本野鳥の会京都支部。ホームページ(http://wbsj-kyoto.net)に詳しい要項を記載している。申し込み締め切りは今月28日。応募者多数の場合は抽選する。問い合わせは同支部の坂根さん(080・5704・1875)。【礒野健一】
https://mainichi.jp/articles/20180220/ddl/k26/040/503000c

http://archive.is/1doB3

posted by BNJ at 20:54 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: