2018年02月23日

芦ノ湖・ガンカモ類の数 昨年の1・2倍【タウンニュース2018年2月23日】

 県が芦ノ湖や酒匂川で1月中旬に実施したガンカモ類の数量調査の結果を発表した。ガンカモ類は冬にシベリアやアラスカからやって来る冬鳥。毎年1回全国で行われており、芦ノ湖では船を使ってカウントした。昨年の164羽から30羽ほど増の199羽だった。芦ノ湖では5年ほど前まで、300羽以上確認されていた。酒匂川は静岡県境から相模湾河口までを調べ、昨年の210羽から倍以上増え、549羽。県内で最多だったのは多摩川の1846羽(昨年2465羽)。

 行政は鳥獣保護の資料を集めるために生息調査しているが、数の増減の理由はよく分かっていないという。
https://www.townnews.co.jp/0609/2018/02/23/421018.html

http://archive.is/KKwuf

posted by BNJ at 11:11 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: