2018年02月24日

諫早干拓 営農者が開門請求へ 賠償提訴の2農業生産法人【毎日新聞2018年2月24日】(カモ/食害)

野鳥に食い荒らされた諫早湾干拓地のレタス畑=長崎県諫早市で、中尾祐児撮影
 国営諫早湾干拓事業(長崎県、諫干)の干拓農地が野鳥による食害を受けたとして、国などに計200万円の損害賠償を求めている農業生産法人2社が、訴訟で諫干の潮受け堤防の開門も求めることを決めた。「堤防閉め切りで内部の調整池が淡水になり、淡水を好むカモなどが飛来するようになった」と主張する予定で、近く長崎地裁に追加請求する。営農者が訴訟で開門を求めるのは初めて。

 原告の2社は、長崎県内のマツオファーム(松尾公春(きみはる)社長)とグリーンファーム(勝田考政(たかまさ)社長)。追加請求では「農地の造成は湾内の護岸工事だけで十分だった。潮受け堤防と調整池を設置したため、淡水を好むカモなどが調整池に飛来するようになり農業環境が悪化した」として、開門して調整池に海水を入れるよう求める。

 2社は諫干が完成した2008年から営農し、計約40ヘクタールで野菜を栽培。今年1月、レタスやブロッコリーなどをカモに食い荒らされ「防除などの対策を怠った」として同月30日、国や農地の貸主の県農業振興公社などを相手取って被害額の一部計200万円の賠償を求めて提訴していた。

 事業を巡る訴訟では、堤防閉め切りによる不漁を訴える漁業者が開門を請求し、塩害などが出るとする干拓営農者が開門差し止めを求めてきた。干拓営農者は現在約40個人・法人だが2社の離反による結束の乱れは、福岡高裁などで係争中の開門を巡る訴訟に影響する可能性がある。松尾社長は「食害だけでなく、海水は淡水より温度が高く、開門した方が冬の農地の冷害を防げる。塩害の恐れはない」と話している。【中尾祐児】
https://mainichi.jp/articles/20180224/k00/00m/040/202000c

諫早営農者、開門請求へ 鳥害提訴2法人、差し止めは取り下げ【佐賀新聞LiVE2018年2月25日】
 国営諫早湾干拓事業(長崎県)の干拓地での野鳥による農作物被害を巡り、営農法人2社が農地貸主の県農業振興公社などに損害賠償を求めた訴訟で、2社が新たに潮受け堤防の開門を請求に加えることが24日、分かった。法人側が明らかにした。 

 開門反対派だった営農者側から一部が開門派に転じた形。2社は福岡高裁で続く開門差し止め訴訟の原告としての訴えを取り下げる文書も高裁に送付した。

 追加請求では、干拓事業で造った池が鳥の群れの原因になったなどとして開門を求める。営農法人2社のうち1社「マツオファーム」の松尾公春社長(61)は「池によって周辺の気温も著しく変化した。営農状況を改善していくために開門が必要だ」と主張している。

 2社は今年1月、収穫予定だった大根やレタス計4ヘクタール分が野生のカモの食害を受けたとして、事業に関わる国、県と公社に200万円の損害賠償を求める訴訟を長崎地裁に起こしている。
http://www.saga-s.co.jp/articles/-/185683

諫早の鳥害賠償提訴2法人、新たに堤防開門請求加える【産経ニュース2018年2月25日】
 国営諫早湾干拓事業(長崎県)の干拓地での野鳥による農作物被害をめぐり、営農法人2社が農地貸主の県農業振興公社などに損害賠償を求めた訴訟で、2社が新たに潮受け堤防の開門を請求に加えることが24日、分かった。法人側が明らかにした。

 開門反対派だった営農者側から一部が開門派に転じた形だ。2社は福岡高裁で続く開門差し止め訴訟の原告としての訴えを取り下げる文書も高裁に送付した。

 追加請求では、干拓事業で造った池が鳥の群れの原因になったなどとして開門を求める。営農法人2社のうち1社「マツオファーム」の松尾公春社長(61)は「池により周辺の気温も著しく変化した。営農状況を改善するために開門が必要だ」と主張する。

 2社は今年1月、収穫予定だった大根やレタス計4ヘクタール分が野生のカモの食害を受けたとして、事業に関わる国、県と公社に200万円の損害賠償を求める訴訟を長崎地裁に起こした。
http://www.sankei.com/region/news/180225/rgn1802250035-n1.html

http://archive.is/0Laal
http://archive.is/s4ERy
http://archive.is/L9h8o
諫干営農者 野鳥の食害被害で提訴 開門反対派から離脱へ【毎日新聞2018年1月30日】
カモにレタス食べられ…諫早干拓の農業法人、公社提訴へ【朝日新聞デジタル2018年1月25日】
諫早湾干拓事業 県農業振興公社、諫干営農者と初意見交換 定期開催に同意 /長崎【毎日新聞2017年10月29日】
諫早湾干拓事業 開門訴訟 「諫干営農者の会」結成 国の開門しない方針受け /長崎【毎日新聞2017年6月28日】

posted by BNJ at 10:38 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: