2018年02月27日

人工飼育で個体数倍増へ ニホンライチョウ保護事業 【日本経済新聞2018年2月27日】

 環境省は27日、絶滅危惧種に指定されているニホンライチョウの2018年度保護増殖事業計画を専門家会合で示した。15年度から進めている動物園での人工飼育・繁殖を継続し、現在の26羽から50羽を目標に増やす。順調に増えれば、一般向けの展示も検討する。

 生息域の保全も実施し、南アルプス北岳で、捕食被害をもたらしているキツネやテン、イタチを捕獲する。

 専門家からは、課題として(1)計画通りに飼育数が増えると、19年度には現状の飼育施設の収容能力を超える(2)野生の個体と人工飼育した個体では腸内細菌の構成が異なり、将来的な野生復帰の妨げとなり得る――などの指摘があった。

 環境省によると、ニホンライチョウは、植生変化や登山者のごみを餌とするカラスによる捕食などの影響を受け、個体数が減少。国は12年に保護増殖事業計画を策定した。人工飼育・繁殖は、乗鞍岳で採集した野生の卵をもとに15年度から始め、現在は4施設で飼育している。〔共同〕
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO2745696027022018000000/

http://archive.is/Mkalc

タグ:ライチョウ
posted by BNJ at 21:33 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: