2018年02月28日

諫早湾干拓事業 営農者、開門を請求 地裁に書面提出 /長崎【毎日新聞2018年2月27日】(鳥害)

 国営諫早湾干拓事業の干拓農地が野鳥による食害を受けたとして、国や県などに計200万円の損害賠償を求めている農業生産法人2社が26日、諫干潮受け堤防の開門を求める訴えを追加する書面を長崎地裁に提出した。堤防を管理する県側は「書面を見ていないのでコメントできない」としている。

 書面によると、法人側は「海水を導入する以外に鳥類公害を防止する方法はない」とし、国などに対し「(淡水の調整池に面した)排水門を全面的に開門せよ」と求めている。【中尾祐児】

〔長崎版〕
https://mainichi.jp/articles/20180227/ddl/k42/040/289000c

http://archive.is/1horf
諫早干拓 営農者が開門請求へ 賠償提訴の2農業生産法人【毎日新聞2018年2月24日】
諫干営農者 野鳥の食害被害で提訴 開門反対派から離脱へ【毎日新聞2018年1月30日】
カモにレタス食べられ…諫早干拓の農業法人、公社提訴へ【朝日新聞デジタル2018年1月25日】
諫早湾干拓事業 県農業振興公社、諫干営農者と初意見交換 定期開催に同意 /長崎【毎日新聞2017年10月29日】
諫早湾干拓事業 開門訴訟 「諫干営農者の会」結成 国の開門しない方針受け /長崎【毎日新聞2017年6月28日】

タグ:鳥害
posted by BNJ at 10:52 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: