2018年03月02日

オオトラツグミ さえずり調査 奄美野鳥の会、協力ボランティア募集 /鹿児島【毎日新聞2018年3月2日】

国の天然記念物に指定されているオオトラツグミ
 奄美市のNPO法人・奄美野鳥の会(鳥飼久裕会長)は17〜25日、国の天然記念物で絶滅危惧種の野鳥、オオトラツグミのさえずり調査を奄美大島で実施する。18日にある大規模な一斉調査などに協力してくれるボランティアを島内外から募集している。

 オオトラツグミは奄美大島だけに生息する。詳しい生態は分かっておらず、同会が、「貴重な野鳥の保護へ機運を高めよう」と1994年から、さえずりを基に個体数の増減を調査している。昨年は一斉調査などで253羽のさえずりを確認している。

 一斉調査は、島を縦断する奄美中央林道を早朝に2人1組で往復約4キロを歩き、さえずりが聞こえた地点を記録する。募集は中学生(保護者同伴)以上で120人。17、21、25日に補足調査もある。

 事前の説明会を6〜10日、奄美市の奄美博物館など4カ所で開く。島外からの参加者には個別の説明も予定している。問い合わせは野鳥の会0997・57・7593。【神田和明】
https://mainichi.jp/articles/20180302/ddl/k46/040/553000c

http://archive.is/sJkU8

posted by BNJ at 22:44 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: