2018年03月05日

スマスイの魅力知って−巨大折り紙やクイズ大会、ボランティアスタッフがイベント企画 神戸・須磨海浜水族館【産経WEST2018年3月5日】

スタッフのアドアイスを受けながら、楽しそうにストラップを作る子供たち=神戸市須磨区

 神戸市須磨区の市立須磨海浜水族園で4日、同園ボランティアスタッフによるイベント「第16回スマスイ・ボランティアフェスタ」が開催された。見学ツアーやクイズ大会などさまざまな企画が行われ、訪れた子供たちは、楽しそうに園内をめぐっていた。

 同イベントは、子供たちに海の生物や同園の魅力を伝えようと、平成15年から毎年開いている。

 会場では、約3メートル四方の巨大折り紙でペンギンやイルカを完成させる企画や、海の生物が描かれたプラスチックのストラップ作りなどが行われた。

 ストラップ作りに挑戦した明石市魚住町の山田煌大(こうだい)くん(6)は「今日でもっとスマスイが好きになった。イベントを全部回るんだ」と笑顔をみせた。
http://www.sankei.com/west/news/180305/wst1803050011-n1.html

http://archive.is/6rFRk

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: