2018年03月05日

春の訪れ 鹿児島で河津桜満開 メジロ飛び交う【毎日新聞2018年3月4日】

河津桜の蜜を吸うメジロ=鹿児島市吉野町の県立吉野公園で2018年3月1日、田中韻撮影
 鹿児島市吉野町の県立吉野公園で、早咲きの河津桜が見ごろを迎えている。鮮やかな濃いピンクの花にメジロが飛び交い、春の訪れを告げている。今月上旬まで楽しめる。

 河津桜はオオシマザクラ系とカンヒザクラ系の自然交配種とされ、園内には大木から幼木まで計12本が植えられている。寒波の影響で昨年より3週間遅い2月中旬の開花となった。大木は既に満開で幼木はこれから見ごろを迎える。今月中旬以降はソメイヨシノが開花する見通しで、桜の季節が本番となる。

 同園の沖静所長は「河津桜は園内のシンボル的な花。春の訪れを楽しんでほしい」と来園を呼びかけている。【田中韻】
https://mainichi.jp/articles/20180304/k00/00e/040/221000c

http://archive.is/7VxJ0

タグ:メジロ
posted by BNJ at 10:30 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: