2018年03月05日

田んぼに珍客飛来 大崎市古川【河北新報オンラインニュース2018年3月5日】

 ◇…大崎市古川の田んぼに珍客が飛来した。渡り鳥のマナヅル2羽。首が白くて目の周りが赤いのが特徴で、日中は盛んに地面の餌をついばんでいる。

 ◇…冬に大陸から来るマナヅルの飛来地は主に鹿児島県の出水平野。「なぜ宮城にいるのかよく分からない」(宮城県伊豆沼・内沼環境保全財団)と来訪の意図は謎のようだ。

 ◇…渡り鳥が多く、マガンやハクチョウには慣れている住民も「見たことないなあ」と興味深げ。不意の賓客をそっと見守っている。
(大崎)
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201803/20180305_13024.html

http://archive.is/rkI1W

posted by BNJ at 22:36 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: