2018年03月05日

企画展 絶滅危機の動物の現状知る 野毛山動物園 /神奈川【毎日新聞2018年3月5日】

 野毛山動物園(横浜市西区)で、野生動物が絶滅危機にある現状などを伝える企画展「動物たちのSOS展」が開かれている。31日まで。

 3日には横浜税関などの7団体がブースを設け、象牙などの密輸品を展示したり、環境や温暖化などで絶滅の危機にさらされている国内外の現状を解説したりした。

 野生動物救護獣医師協会は、街中にヒナが落ちていた際の対応の仕方などをクイズ形式で解説。県野生動物リハビリテーターの東山弓子さん(60)は「近くに親鳥がいるからヒナを拾わないで。もし放っておけないと判断した時は県に連絡してほしい」と集まった子どもたちに呼びかけていた。【木下翔太郎】
https://mainichi.jp/articles/20180304/ddl/k14/040/081000c

http://archive.is/Xd1vs

posted by BNJ at 22:37 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: