2018年03月09日

ワイパーゴム切断被害多発 目的不明「事故心配」【神奈川新聞2018年3月9日】

ゴム部分が切られたワイパー。周辺で同様の被害が相次いでいる=横浜市戸塚区戸塚町
 横浜市戸塚区の住宅街で今年に入り、車のワイパーに取り付けられたゴムが切られる被害が相次いでいる。戸塚署が器物損壊事件とみて捜査するとともに、不審者への警戒を呼び掛けている。

 同署によると、1月上旬から2月下旬までに、少なくとも7件(8台)の被害を確認。発生場所は、栄区境に近い戸塚区戸塚町の半径約200メートルのエリアに集中している。いずれも鋭利な刃物のようなもので、フロントガラスに接するゴムが切り取られるなどし、後部ガラスのワイパーも被害に遭ったケースもあった。

 ゴムが切られてもワイパー自体は動くが、ガラスに付着した水分や汚れを除去する機能が低下し、雨天時の運転で視界不良を招く恐れがある。

 同署は「ワイパーのゴムを切り取る事案はこれまで聞いたことがない。悪質な嫌がらせだと思うが、何の目的でこんなことをするのか分からない」といぶかしむ。大手カー用品店の担当者は「ガラスに接触するゴム部分は細くなっていて、構造的には手でも簡単にちぎれるくらいの強度」と指摘する。

 被害が多発する地域の住民には不安やいらだちが広がっている。1月に送迎用のワゴン車3台が被害に遭った介護施設の男性職員(34)は「施設利用者の移動に使う大切な車。視界不良で事故でも起こしたら大変なことで、いたずらでは済まされない。いいかげんにしてほしい」と怒り心頭。やはり1月にフロントガラスのワイパーのゴムを切り取られた40代の女性は「いったい誰が何のためにやっているのか」と戸惑いを隠せない。

 同署は2月下旬から、注意を促すチラシの配布を開始。不審者を見つけたらすぐに通報するよう呼び掛けるとともに、巡回活動を強化している。同署幹部は「住民の生活不安に直結する事案。周辺の警戒に努めたい」と話す。
http://www.kanaloco.jp/article/316119

http://archive.is/zHUBI
ワイパーいたずら…黒い影 カラス、ゴムを裂いてばらまいた 大分【朝日新聞デジタル2015年11月20日】
ワイパー破壊、犯人カラス 住宅街で40件、巣作りか【産経フォト2015年7月8日】
KODOMO:ワイパーを壊すカラス なぜなんだ?【YOMIURI ONLINE2015年6月30日】
ワイパー泥棒で証明されたカラスの知能【東スポWeb2015年6月26日】
カラスの事件簿【山陰中央新報2015年6月25日】
ワイパー40件破壊、嘆く警察「逮捕できない」【YOMIURI ONLINE2015年6月16日】
車のワイパーを壊した犯人は「カラス」だった! 被害は「自動車保険」で補償される?【弁護士ドットコムニュース2015年7月2日】

posted by BNJ at 21:57 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: