2018年03月14日

新潟)人工飼育のトキ今年初産卵・高齢出産【朝日新聞デジタル2018年3月14日】

卵に近づく雄のトキ(佐渡トキ保護センター提供)

 佐渡トキ保護センターは13日、人工飼育されているトキによる今年最初の産卵を確認したと発表した。雄は6歳、雌は9歳年上の15歳で、同センターは「このペアは過去にも何羽ものひなを育ててきた、実績ある夫婦」とたたえている。

 同センターによると、13日午前7時25分ごろ、同センター野生復帰ステーションの繁殖ケージをモニター観察する職員が産卵を確認。先月中旬から繁殖に向けた行動の「擬交尾」が見られ、今月4日には交尾が確認されていた。

 国内で分散飼育しているトキの中で、このペアは昨年も最初に産卵し、計3羽のひなを育てた実績がある。トキの寿命は15〜20歳と言われ、15歳の雌にとっては高齢出産。今回の産卵は、同センターにとっても朗報となった。

 雄と雌が交互に巣の中に置かれた卵に寄っては離れ、時折抱卵しているという。職員がその様子を撮影しようとすると、巣から離れてしまうといい、じっくり抱卵する状態にはなっていないようだ。 同センターは「佐渡の自然界に放つことも想定し、人間の手を加えずに親鳥が自然に抱卵し、孵化(ふか)させる環境を維持したい。2、3日後には、再び産卵することが予想されている。様子を見て飼育方針を決めたい」と話している。万一の場合は、卵を取り上げて、人工孵化させることもありそうだ。

 今年の分散飼育は全国7カ所の計29ペアで取り組んでいる。今後、各地でトキの産卵が続くとみられる。(原裕司)
https://www.asahi.com/articles/ASL3F4WQWL3FUOHB00C.html

飼育下のトキが産卵 佐渡の野生復帰ステーション【新潟日報モア2018年3月13日】
 新潟県は13日、佐渡市の佐渡トキ保護センター野生復帰ステーションで飼育しているトキが産卵したと発表した。国内で今季初めて。

 県によると、産卵したのは6歳雄と15歳雌のペア。13日午前7時半前、職員がモニターで卵1個を確認した。順調にいけば4月中旬にふ化する予定。このペアは4年連続で最も早く卵を産み、昨季はひな3羽を巣立たせた。

 環境省は今季、全国7カ所で飼育中の29ペアから、40羽程度のひなが巣立つと見込んでいる。
http://www.niigata-nippo.co.jp/news/national/20180313380427.html

http://archive.is/7LHcE
http://archive.is/16MfH

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: