2018年03月14日

エゾモモンガとエゾフクロウ <知床リポート>【北海道新聞2018年3月14日】

今年は、エゾモモンガの行動が活発で、毎日のように遭遇する珍しいシーズンだ。2月〜3月はエゾモモンガの繁殖期と重なり、通常夜行性のモモンガたちも相手を求めて日中でも活動する。例年数回ほどしか観察できないが、今年はほぼ毎日観察している。トドマツを食べる姿がかわいらしい。活動するモモンガの個体数が多いためか、付近にはエゾフクロウの姿も見られた。日中は眠そうに木陰で休んでいるが、夜間はネズミやモモンガなどの小動物を捕食するハンターだ。そろそろモモンガの活動も落ち着くため観察できる機会も減ってきそうだ。
https://www.hokkaido-np.co.jp/movies/detail/5750919005001

http://archive.is/oF64j

posted by BNJ at 21:25 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: