2018年03月14日

佐渡のトキが営巣、今年初めて 繁殖期スタート、環境省【共同通信2018年3月14日】

巣作りをするトキのつがい=14日、新潟県佐渡市(環境省提供)
 環境省は14日、新潟県佐渡市に生息する国の特別天然記念物トキのつがい1組が巣作りを始めたと明らかにした。野生下では今年初めての確認で、本格的な繁殖期がスタートした。

 環境省によると、このつがいは2013年に佐渡島で放鳥された雄と雌。1カ月ほど前から一緒に餌を探すなど営巣の兆候があった。14日午前6時50分ごろ、水田に隣接する雑木林のスダジイの木で巣作りをする様子が確認された。この2羽は毎年ペアとなり、ヒナを巣立ちさせている。

 佐渡島では現在、約290羽のトキが生息しているとみられる。そのうち約60組のペアができており、今後巣作りを始める可能性が高い。
https://this.kiji.is/346595441850696801?c=39546741839462401

野生下トキ今季初営巣 佐渡 環境省【新潟日報モア2018年3月15日】
 環境省は14日、佐渡市の野生下に生息するトキの営巣を今季初めて確認したと発表した。営巣の初確認の時期は例年並み。ほかにも約60組がペアで行動しており、トキの繁殖期が本格的に始まった。

 環境省によると、...
http://www.niigata-nippo.co.jp/news/national/20180314380692.html

トキ 野生下で営巣、今年初確認 佐渡・交尾する様子も /新潟【毎日新聞2018年3月15日】
 環境省は14日、佐渡市の野生下で生息する国の特別天然記念物・トキのペア1組が、営巣を始めたのを今年初めて確認したと発表した。

 同省によると、ペアは共に2013年に放鳥した7歳の雄と、6歳の雌。同日午前6時50分ごろ、ペアが雑木林の高さ十数メートルの地点で枝を集めて巣を作り、交尾する様子をモニタリングチームが確認した。このペアは15年から毎年ヒナを巣立ちさせているという。

 佐渡市では現在、野生下に約290羽のトキが生息しており、うち約60組がペアで行動する様子が確認されている。【後藤結有】
https://mainichi.jp/articles/20180315/ddl/k15/040/128000c

http://archive.is/V3hqv
http://archive.is/ME2f3
http://archive.is/9zSvR
新潟)人工飼育のトキ今年初産卵・高齢出産【朝日新聞デジタル2018年3月14日】

タグ:佐渡島 トキ
posted by BNJ at 21:30 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: