2018年03月16日

イルカが頭上大ジャンプ 下田海中水族館、ショーを刷新【静岡新聞アットエス2018年3月16日】(ペンギン)

海上に設置したイルカショーの観覧席。頭上をイルカが大ジャンプする演出などを楽しめる=下田市の下田海中水族館
 下田市三丁目の下田海中水族館は15日、ショーのプログラムを全面リニューアルした。自然の入り江を生かした海上ステージのイルカショーは海面に浮かべた観覧席を新たに設け、躍動感あふれるショーを海抜0メートルの至近距離で楽しめる。
 「天然の大水槽」に設置したステージならではの演出で、全国でも珍しいという。イルカの表情やしぐさを間近で観察でき、目の前を高速で泳ぎ抜ける。イルカが頭上を大ジャンプして飛び越える場面もあり、「イルカとの距離の近さが特徴で迫力と感動を届ける」という。
 海上イルカショーは1日4回。観覧席は縦3・5メートル、横1・5メートルの箱形の浮き船でステージの左右両側に設置した。定員は1回40人。4歳以上が対象。入館料以外に別途料金が必要。
 カマイルカやアシカ、魚の餌付け、アザラシ、ペンギンの各ショーも内容を変更した。海上ステージの新しい観覧席は17日から一般公開する。
http://www.at-s.com/news/article/local/east/468502.html

http://archive.is/eHA5P

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: