2018年03月28日

ひがし茶屋街に「春の使者」【北國新聞2018年3月27日】

ひがし茶屋街を飛び回るツバメ=27日午前9時50分、金沢市東山1丁目

 27日の石川県内は高気圧に覆われて晴れ間が広がり、正午までの最高気温は加賀菅谷で21・0度まで上昇したほか、金沢で18・8度、輪島で18・7度と、4月下旬並みの陽気となった。金沢市のひがし茶屋街には春を呼ぶ渡り鳥のツバメが飛来しており、軒先で羽を休める姿が観光客らを和ませている。

 ひがし茶屋街一帯は、大きく張り出した伝統家屋の軒が巣作りに適していることなどから、市中心部で有数の営巣地となっている。目抜き通り沿いでは、ツバメがせっせと巣を作る様子や、軽やかに青空へ舞い上がる姿が各所で見られた。

 金沢地方気象台によると28日も高気圧に覆われて晴れる見込みで、最高気温は金沢21度、輪島20度を予想している。
http://www.hokkoku.co.jp/subpage/E20180327001.htm

http://archive.is/JH8nf

タグ:ツバメ
posted by BNJ at 21:50 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: