2018年04月14日

島根)フォーゲルパークに「ふくろうハウス」【朝日新聞デジタル2018年4月14日】

【動画】松江フォーゲルパークに「ふくろうハウス」完成=奥平真也撮影

フクロウを腕に乗せる親子連れ=松江市大垣町の松江フォーゲルパーク

 鳥と花の公園「松江フォーゲルパーク」(松江市大垣町)に、フクロウとふれあえる「ふくろうハウス」が完成した。花が咲き誇る室内でじっとたたずむフクロウ7羽が来園者を出迎え、間近で観察したり腕に乗せたりできる。
 ふくろうハウスはパークのセンターハウス内にあり、白を基調とした約70平方メートルの木造ガラス室。大型のクロワシミミズクや、手のひらに乗るほどのコキンメフクロウなど6種7羽がおり、1日2回の「ふれあい時間」には腕に乗せたり、体をなでたりできる。

 フクロウ担当の米田未来さんによると、7羽とも人に慣れており、近づいても逃げないという。腕乗せを体験した広島県の会社員女性(26)は「触ったらふわふわでした。植物が多くて落ち着く空間に、ぱっとフクロウが現れるので驚きますね」と話した。

 パークの営業時間は午前9時〜…

残り:187文字/全文:531文字
https://www.asahi.com/articles/ASL3Y45H1L3YPTIB004.html

フォーゲルパークに「ふくろうハウス」完成【山陰中央新報2018年3月29日】
新設のふくろうハウス内でアフリカワシミミズクを手に乗せる来園者
 鳥と花のテーマパーク、松江フォーゲルパーク(松江市大垣町)で「ふくろうハウス」が完成し29日、報道陣に公開された。施設の新設は2001年の開園以来初めて。色とりどりの植物に囲まれた空間で、これまで以上にフクロウとのふれ合いが楽しめる。31日から一般公開する。
 これまでガラス越しの展示室と、フクロウショーに限られていた観賞やふれ合いの機会を増やそうと、松江フォーゲルパークが、花の温室センターハウス内の中央部に建設した。
 白を基調にガラス張りで明るい雰囲気の施設(68平方メートル)には、ベゴニアやインパチェンスなど10種類の華やかな植物を配し、クロワシミミズク(体長40センチ)やミナミアフリカオオコノハズク(同20センチ)など6〜7羽が観賞できる。工事費は約500万円。
 特別に手乗せを体験した広島県呉市の金子正英さん(22)は「体がふわふわしていた。りりしい顔つきに見とれてしまった」と笑顔で話した。松江フォーゲルパークの山田篤渉外企画担当係長は「写真撮影やふれ合いを通じて、よりフクロウを身近に感じてほしい」と願った。
 営業時間は4〜9月が午前10時〜午後4時半、10〜3月は午前10時〜午後4時。ふれ合える時間は、平日が午前10時20分〜同10時50分と午後2時〜同2時50分、休日は午前10時〜同10時50分と午後1時半〜同2時50分。入園料のみで楽しめる。
http://www.sanin-chuo.co.jp/www/contents/1522316167773/index.html

花に囲まれフクロウ観賞【読売新聞2018年3月30日】
フクロウとふれあう親子連れ(松江市で)

 ◇フォーゲルパークに新施設

 松江市の松江フォーゲルパークに31日、花を植えたハウス内でフクロウを観賞したり、ふれあったりできる新施設「ふくろうハウス」がオープンする。

 園内に木造平屋約68平方メートルのハウスを設置。ベゴニアやペチュニアなどの花で彩ったハウス内に「メンフクロウ」「アフリカワシミミズク」など7羽を展示している。これまでは飛行ショーなどの後の短い時間でしかフクロウとふれあうことができなかったが、ハウスでは午前と午後の計2回、フクロウを手に乗せるなどの体験ができる。

 オープン前の29日、1歳の息子らと一足先に体験した鳥取県米子市、パート従業員新田麻紀さん(34)は「かわいいフクロウと息子が一緒の写真を撮れて大満足」と話していた。
http://www.yomiuri.co.jp/local/shimane/news/20180329-OYTNT50242.html

松江フォーゲルパークに「ふくろうハウス」完成 飛行ショー、触れあいタイムで人気者に【産経WEST2018年3月30日】
31日にオープンする「ふくろうハウス」

 鳥と花をテーマにした松江市の「松江フォーゲルパーク」内に、フクロウと触れ合える常設施設「ふくろうハウス」が完成した。31日にオープンする。

 同園では90種類400羽の鳥を飼育。このうち、フクロウは22種40羽がおり、正面玄関の長屋門に展示室を設けてガラス越しに観察が可能。また、飛行ショーに登場したり、ショーのあとにふれあいの時間が設けられたりして、園内の人気者になっている。

 このため同園では、フクロウにより親しんでもらおうと、新たにふくろうハウスを設置。白を基調とした木組みのガラス小屋で、広さ約70平方メートルの室内にフクロウ6〜7羽がおり、入園者が間近で見ることができる。

 また、スタッフが常駐する「ふれあい時間」(平日=午前10時20分〜同50分と午後2時〜同50分▽休日=午前10時〜同50分と午後1時半〜2時50分)には、フクロウに触ったり、フクロウを腕などに載せたりして楽しめる。

 同園は「人に慣れるようトレーニングしたフクロウたちなので、安心して近くで楽しんで」とPR。一足早くふくろうハウスを見学した鳥取県米子市の新田麻紀さん(34)は「1歳の息子が鳥に興味を持ち始めたので来ました。こんなに近くでフクロウに触ることができるんですね」と話していた。問い合わせは同園(電)0852・88・9800。
https://www.sankei.com/west/news/180330/wst1803300034-n1.html

http://archive.is/IOp8U
http://archive.is/iG509
http://archive.is/5IXQV
http://archive.is/MZWYz

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: