2018年03月30日

人気で負けても光を…動物総選挙、1位には好物のエサ【朝日新聞デジタル2018年3月29日】(宮崎市フェニックス自然動物園/コシジロヤマドリ)

候補者の顔ぶれ。前回は「フクロウ」が1位だった=宮崎市

 「大地を踏みしめて一歩一歩前へ進みます 前進党」(ケヅメリクガメ)、「干支(えと)の顔 イヌの仲間だよ 今年の干党」(タヌキ)……。宮崎市のフェニックス自然動物園にそんなポスターが貼り出された。

特集:どうぶつ新聞
 春休み恒例の「第3回動物総選挙」。園内にいる10種類の動物たちの顔が写った「選挙ポスター」が貼り出され、投票所も設けられている。4月2日に開票され、1位の動物には好物のエサが与えられる企画だ。

 ほかに立候補しているのは、ラマ、アナグマ、宮崎県鳥のコシジロヤマドリなど8種類。工夫を凝らしたキャッチコピー入りのポスターは、それぞれの担当飼育員らがつくった。

 キリンやゾウに人気では負ける動物たちにも光をあてようと企画され、3回目。「選挙管理委員会」の竹田正人飼育課長は「園内地図で紹介しきれない動物もいて、知名度向上のチャンス。皆さんの清き一票を」と呼びかけている。

 4月1日まで投票を受け付け、2日に開票する。8日には1位の動物へのエサやりイベントが開かれ、その動物に投票した人の中から抽選で5人に動物園グッズがプレゼントされる。(小出大貴)
https://www.asahi.com/articles/ASL3V36B4L3VTNAB003.html

http://archive.is/MW3Er

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: