2018年04月15日

春を告げる鳥、ヤツガシラ飛来/平良狩俣【宮古毎日新聞2018年4月15日】

羽を休めるヤツガシラ=11日、狩俣地区(伊良波彌撮影)
 春を告げるヤツガシラ(ヤツガシラ科)がこのほど、平良狩俣地区で確認された。世界で一科一種の珍鳥。

 ヤツガシラは東南アジアなどで冬を過ごし、中国などで繁殖する。毎年春・秋の渡り時期には宮古島に立ち寄る常連の旅鳥。

 雌雄ほぼ同じ色。黒くて細長いくちばしは下に曲がっている。頭部や背、胸は橙褐色。翼と尾の黒褐色と白色の模様が目立つ。成鳥は全長28a。

 頭の冠羽は通常は閉じている。急に驚いたり緊張したり、降り立った時には冠羽は扇状に開く。その時の姿は凜々しい。
http://www.miyakomainichi.com/2018/04/108412/

http://archive.is/PWNW2

タグ:ヤツガシラ
posted by BNJ at 09:44 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: