2018年04月17日

<諫早訴訟>開門「農業被害防げる」漁業者側主張 長崎地裁【佐賀新聞LiVE2018年4月17日】

 国営諫早湾干拓事業(長崎県)を巡り、漁業者が潮受け堤防の排水門の開門を求めている訴訟の口頭弁論が16日、長崎地裁(武田瑞佳裁判長)であった。漁業者側は、開門幅が小さい方法での開門であれば農業被害は防止できるとして「国が開門を否定する理由がないのは明らか」と訴えた。

 漁業者側の弁護士が意見陳述し、「(別訴訟で)国自身が開門幅の小さい開門であれば事前対策工事で被害を防止できると主張していた。本件で被害が出るとの主張を維持するのは極めて不当」と強調した。干拓地の農地で悪質な土壌や排水不良の問題、野鳥の食害などの実態が明らかになっていることも指摘した。

 国側は福岡高裁で開門関連訴訟の和解協議が継続している状況を説明し、和解勧告で示された開門しないことを前提に、漁業振興の基金案で問題解決を図る考えを改めて示した。漁業者側の馬奈木昭雄弁護団長は「基金案は漁業団体が合意すれば実施可能なはずで、われわれがのむかどうかは全く関係のない話だ」と反論した。
http://www.saga-s.co.jp/articles/-/206036

http://archive.is/znEf1
諫早干拓営農者と漁業者が共闘 集会で気勢「調整池が邪魔」【佐賀新聞LiVE2018年4月8日】
諫早湾干拓事業 営農者の開門請求訴訟 漁業者が補助参加へ 「利害が一致」地裁に申し立て /長崎【毎日新聞2018年3月26日】
<諫早干拓>佐賀漁業者、営農者と開門へ連携 国会内で集会【佐賀新聞LiVE2018年3月24日】
諫干野鳥食害訴訟 公社側は争う姿勢 長崎地裁第1回口頭弁論【長崎新聞2018年3月7日】
諫早湾干拓事業 営農者、開門を請求 地裁に書面提出 /長崎【毎日新聞2018年2月27日】
諫早干拓 営農者が開門請求へ 賠償提訴の2農業生産法人【毎日新聞2018年2月24日】
諫干営農者 野鳥の食害被害で提訴 開門反対派から離脱へ【毎日新聞2018年1月30日】
カモにレタス食べられ…諫早干拓の農業法人、公社提訴へ【朝日新聞デジタル2018年1月25日】
諫早湾干拓事業 県農業振興公社、諫干営農者と初意見交換 定期開催に同意 /長崎【毎日新聞2017年10月29日】
諫早湾干拓事業 開門訴訟 「諫干営農者の会」結成 国の開門しない方針受け /長崎【毎日新聞2017年6月28日】

タグ:鳥害
posted by BNJ at 11:41 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: