2018年04月18日

北九州市でオウム病 99年度以降で初 [福岡県]【西日本新聞2018年4月18日】

 北九州市は17日、八幡西区在住の男性(42)が、愛玩用の鳥を主な感染源とするオウム病に感染したと発表した。感染の届け出が始まった1999年度以降、同市での感染例は初めて。県内での感染確認は2015年以来。

 発熱症状があった男性は3月末、医療機関で血液検査を受け、今月16日にオウム病と診断された。現在は回復し、家族にも症状はみられない。自宅で鳥類を飼っていたという。

 オウム病は、クラミジアと呼ばれる鳥類保有の微生物を吸い込むことで感染。軽い場合は風邪に近い症状だが、死亡例もある。厚生労働省によると、17年までの10年間で全国では毎年5〜19件の感染例があった。
https://www.nishinippon.co.jp/nnp/f_sougou/article/409391/

オウム病
感染、北九州市内で初 八幡西の男性 /福岡【毎日新聞2018年4月18】


 北九州市は17日、八幡西区の男性(42)が、鳥のふんなどから感染する「オウム病」を発症したと発表した。市内で感染が確認されたのは初めて。

 市によると、男性は高熱や頭痛を訴え、3月27日に受診。抗生物質などで回復後に血液検査の結果が判明し、オウム病と診断された。男性はペットの鳥を飼っていたが、感染源かどうかは特定されていない。【比嘉洋】

〔北九州版〕
https://mainichi.jp/articles/20180418/ddl/k40/040/326000c

http://archive.is/Hv1Fi
http://archive.is/O7s1Y

福岡県 人獣共通感染症に注意を 飼い主6割危険性知らず【毎日新聞2018年1月18日】
人獣共通「コリネバクテリウム・ウルセランス感染症」で国内初の死亡例 福岡の60代女性、ジフテリアに似た菌【産経ニュース2018年1月15日】
【暮らし】ペットがうつす病気注意 マダニが媒介、鳥のふんで感染…【東京新聞2017年8月22日】
鳥からうつる「オウム病」 妊婦2人死亡 全国で129人が感染 東京・神奈川で多い【ハザードラボ2017年7月10日】
くらしナビ・ライフスタイル ペット由来の感染症に注意【毎日新聞2017年5月22日】
身近な鳥が感染源 死にも至るオウム病 | 医療プレミア特集 | 藤野基文 | 毎日新聞「医療プレミア」【毎日新聞2017年5月7日】
オウム病、新たに1人の妊婦死亡を確認【産経ニュース2017年4月10日】
ペットと健康に暮らす=「恋人」でなく「友達」関係で【朝日新聞デジタル2016年12月17日】
気をつけよう! 動物からうつる病気はこんなにある!!【毎日新聞「医療プレミア」2016年2月19日】
犬や猫も…身近な動物からの感染症に注意 ペットは清潔に保ち予防を 【SankeiBiz2014年11月9日】

posted by BNJ at 11:24 | Comment(0) | 愛玩鳥/飼い鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: