2018年04月19日

米子水鳥公園にセイタカシギ飛来【産経ニュース2018年4月19日】

 絶滅危惧種で、国内には渡りの途中に立ち寄る旅鳥セイタカシギが、鳥取県米子市の米子水鳥公園に飛来している。

 18日は6羽が滞在。浅瀬で餌のゴカイなどを探す姿が、観察施設ネイチャーセンターから見られた。

 セイタカシギは白と黒のツートンカラーの体で、赤く長い脚が特徴。ユーラシア大陸南部などで繁殖する。東南アジアでは一年中生息している地域があり、日本でも東京湾周辺では留鳥とされる。

 公園では11日に今季初飛来の2羽を確認し、一時は8羽を数えた。しばらくは楽しめそうだ。
https://www.sankei.com/region/news/180419/rgn1804190044-n1.html

http://archive.is/CnPUc

posted by BNJ at 11:04 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: