2018年04月20日

ペンギン 青空の下、ひなたぼっこ とくしま動物園に5羽が仲間入り /徳島【毎日新聞2018年4月23日】

仲間が増えたフンボルトペンギン=徳島市渋野町のとくしま動物園北島建設の森で、松山文音撮影

 とくしま動物園北島建設の森(徳島市渋野町)に、フンボルトペンギン5羽が新たに仲間入りした。同園では、過去に約30羽飼育されていたが、寿命などで今年には4羽まで減少。繁殖を目的に、高知市浦戸の桂浜水族館から借り受けた。

 新たに加わったのは1〜7歳の雄の2羽と雌の3羽。フンボルトペンギンは絶滅危惧種に指定されており、胸元にある1本の黒い線模様が特徴。5羽のうち2羽は1歳で、まだ模様が表れていない。

 22日には、強い日差しの中、ペンギンたちは泳ぎ回ったり、ひなたぼっこをしたりして、訪れた家族連れたちに可愛らしい姿を見せていた。

 小松島市から来た主婦の藤原真衣さん(28)は長女の楓馨(ふうか)ちゃん(1)と一緒に観賞し、「今日は少し暑いので、泳ぐのが気持ちよさそう。とても可愛い」と話していた。【松山文音】
https://mainichi.jp/articles/20180423/ddl/k36/040/276000c

フンボルトペンギン5羽が仲間入り とくしま動物園【徳島新聞2018年4月20日】
 徳島市のとくしま動物園北島建設の森に、フンボルトペンギン5羽(雄2羽と雌3羽)が仲間入りした。子ども動物園エリア内のペンギン舎で元気に泳ぎ回り、家族連れらを楽しませている。

 今年に入り1羽が死んで4羽になったことから、繁殖を目的に高知市の桂浜水族館から5羽を借り受けた。

 同園は「人気者になってくれれば」と期待している。


仲間が増えたフンボルトペンギン=徳島市のとくしま動物園北島建設の森
https://this.kiji.is/359870175425758305?c=39546741839462401

http://archive.is/0Kmb7
http://archive.is/SMcZJ

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: