2018年04月28日

季語刻々 子雀に隠れどころもなき芝生【毎日新聞2018年4月28日】

 ◆今

子雀(すずめ)に隠れどころもなき芝生 岩淵喜代子
 句集「穀象」(ふらんす堂)から。芝生に飛んできた子雀は隠れ場所のないことに気づいてあわてているのかも。今ごろから夏にかけて子雀たちが育つが、日本野鳥の会では、ずいぶん前から、「落ちているヒナを見つけたら、すぐ手を差しのべず見守ってほしい」というキャンペーンをしている。ヒナを自然から引き離さないためだ。<坪内稔典>
https://mainichi.jp/articles/20180428/ddm/041/070/043000c

http://archive.is/vLF4Q
質問なるほドリ スズメの飼育、ダメなの? 鳥獣保護法で禁止 学術研究などは例外=回答・矢澤秀範【毎日新聞2018年4月2日】
モト冬樹、スズメ飼育で都から違法通知届く 弱ったヒナを保護も「諦めるしか…」【デイリースポーツ2018年3月13日】
「日本野鳥の会」が野鳥のヒナとの関わり方がわかる小冊子を配布中【オリコンニュース2017年8月25日】
見守って!野鳥の子育て 日本野鳥の会、ヒナとの関わり方がわかる小冊子を配布【SankeiBiz2017年6月20日】
野鳥、巣立ちの時期 専門家「ひな拾わないで」 親鳥に任せ、見守り【茨城新聞クロスアイ2017年5月9日】(誤認救護/既報関連ソースまとめあり)
(eco活プラス)野鳥、都心でも出会える ヒナが地面にいても、見守って【朝日新聞デジタル2017年5月2日】
「ヒナは拾わないでね」と野鳥の会が呼びかけ / 毎年恒例 “ヒナが巣立つ季節” がやってまいりました【Pouch2017年4月25日】
旅立ちの時 フクロウを放鳥 しろとり動物園【四国新聞2017年1月14日】
御前崎の公園にフクロウ幼鳥 縁起のいい兆し?【静岡新聞アットエス2017年1月12日】

posted by BNJ at 20:32 | Comment(0) | 鳥類コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: