2018年04月30日

「海を埋め立てるな」 海上、午前中作業確認されず カヌー13艇で抗議【琉球新報2018年4月30日】(アジサシ)

カヌーに乗り「ジュゴンを守れ」などの抗議の声をあげる市民ら=30日午前、名護市辺野古の大浦湾海上
 【辺野古問題取材班】米軍普天間飛行場移設に伴う名護市辺野古の新基地建設で30日午前、工事に反対する市民らがカヌー13艇と2隻の抗議船から「海を埋め立てるな」や「ジュゴンを守れ」と声をあげた。

 海上では繁殖のためオーストラリアから沖縄に飛来するアジサシがフロート(浮具)の上で羽を休める姿も確認できた。

 米軍キャンプ・シュワブへの資材の搬入と大浦湾海上で護岸工事は午前中時点で確認されていない。

 県外から抗議活動に参加する60代の女性は「基地は作らせたくないという思いで3年前から足を運んでいる」と語った。
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-710465.html

posted by BNJ at 21:29 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: