2018年05月03日

【教えて!goo】都内の地下鉄でも旅情気分を楽しめるスポット3選【産経ニュース2018年5月3日】(バードカービング)

 本格的な行楽シーズンがやってきた。ゴールデンウィークや夏休みなどに「遠出は難しいが、せめて近場の非日常的なスポットで旅情気分を味わいたい」というパパ・ママもいることだろう。気軽に出かけられる都内のスポットで旅行気分を味わえたら、子どもたちも喜ぶに違いない。そこで今回は、子どもとお出かけ情報サイト「いこーよ」広報室に、都内の地下鉄を利用して気軽に行ける、かつあまり知られていなさそうな旅情スポットを紹介してもらった。

東京メトロ南北線「赤羽岩淵駅」エリア

 まずは、自然の中で鮮やかな色が映える「荒川河川敷〜岩淵水門」だ。

 「『赤羽岩淵駅』から徒歩15分ほどで行くことができる荒川河川敷です。おすすめは、荒川と隅田川を仕切る『岩淵水門』ですが、その色から赤水門(旧岩淵水門)、青水門(岩淵水門)と呼ばれています。特に1916年着工の赤水門は、無骨な機能美と鮮やかな朱色が、自然の中に立つ鉄のオブジェのようで見ものです。堤防沿いはサイクリングする人も多く、付近には、埼玉県川口パブリックゴルフ場や野球場、サッカー場もあります」(子どもとお出かけ情報サイト「いこーよ」広報室)

 次は、岩淵水門近くにある無料施設「荒川知水資料館アモア」だ。

 「荒川の地理や歴史を学べるほか、流域に生息するバードカービング(野鳥彫刻)や昆虫標本の展示などがあり、大人も子どもも楽しめます。荒川河川敷を眺められる3階の開放的なテラスはおすすめですよ」(子どもとお出かけ情報サイト「いこーよ」広報室)

 お腹が空いたら、バーベキューも楽しめるそうだ。

 『荒川岩淵関緑地バーベキュー場』はコンロなどの機材レンタルが可能なので、食材や飲物、食器類を持参すればアウトドア気分を満喫できます。JR赤羽駅周辺へ足を伸ばすと、昭和レトロな雰囲気の路地や商店街で旅気分に浸れます」(子どもとお出かけ情報サイト「いこーよ」広報室)

 カフェや飲食店も多く、女性や子連れの家族も安心して立ち寄ることができるという。

東京メトロ千代田線「代々木上原駅・新御茶ノ水駅」エリア

 次は、千代田線沿線で異国情緒を味わえるスポットだ。

 「代々木上原駅から5分ほどの、無料で拝観できる日本最大のモスク(イスラム教寺院)『東京ジャーミィ・トルコ文化センター(毎日10:00〜18:00開館(金曜日のみ14:00〜18:00)・毎週土日14:30より日本語ガイド付きの案内あり)』は異国情緒を味わえます。高さ約41メートルのドーム型のミナレットに入ると、ステンドグラスやアラベスク模様に魅了されますよ。拝観後は代々木公園を散策して帰るのもおすすめです」(子どもとお出かけ情報サイト「いこーよ」広報室)

 次は、ニコライ堂(日本ハリストス正教会教団東京復活大聖堂)だ。

 「千代田線『新御茶ノ水駅』や丸ノ内線『御茶ノ水駅』から行ける『ニコライ堂(拝観献金300円(中学生100円・小学生以下無料)/拝観時間4月〜9月13:00〜16:00・10月〜3月13:00〜15:30)』は、1891年に竣工され重要文化財に指定されている聖堂で、御茶ノ水のシンボル的存在です」(子どもとお出かけ情報サイト「いこーよ」広報室)

 学生街ならではの活気ある飲食店や、文豪も訪れた老舗などでお腹を満たすことも可能だ。

都営三田線「志村坂上」駅エリア

 最後に、日帰り温泉をご提案してもらった。

 「情緒あふれる和風庭園が魅力の『前野原温泉 さやの湯処』は、志村坂上駅より徒歩8分というアクセスながら、にごり湯や源泉かけ流し風呂もあり、旅情気分が味わえます。赤ちゃん連れの方や、プライベート空間でゆっくりとお風呂を楽しみたい方には、事前予約も可能な離れの貸し切り半露天風呂がおすすめ。施設内にある食事処では、こだわりの蕎麦が楽しめるほか、地場産の野菜販売もあり旅気分を満喫できます。個室もあるため、ちょっとした宴会やママ会にもおすすめですよ」(子どもとお出かけ情報サイト「いこーよ」広報室)

 今回は年齢や性別を問わず楽しめそうな、バラエティ豊かな提案をもらった。その日のメンバーや気分で行き先を選ぶのも楽しそうである。ぜひ活用してもらいたい。

 なお、「都内の地下鉄沿線の観光スポットといえば?」ということで、「教えて!goo」では皆さんの意見を募集中だ。

●専門家プロフィール:子どもとお出かけ情報サイト「いこーよ」 「いこーよ」は日本最大級の規模を誇る親子のためのお出かけ情報サイト。6万件以上のお出かけスポットや親子で楽しめるイベント、子育て記事も多数掲載している。
https://www.sankei.com/premium/news/180503/prm1805030005-n1.html
https://www.sankei.com/premium/news/180503/prm1805030005-n2.html
https://www.sankei.com/premium/news/180503/prm1805030005-n3.html

http://archive.is/0PThH
http://archive.is/9bbnf
http://archive.is/fq9rp

posted by BNJ at 22:45 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: