2018年05月04日

青森)オウム触って「羽つやつや」 動物にふれあう催し【朝日新聞デジタル2018年5月4日】

オウムとたわむれる子どもたち=青森市の県動物愛護センター

 青森市の県動物愛護センターで3日、犬や猫、馬などの動物と直接触れ合える「春の動物ふれあいフェスティバル」があり、多くの家族連れでにぎわった。

 来場者は乗馬体験や犬と一緒にヨガに取り組むドッグヨガを楽しんだ。他にも犬の栄養学講座や、屋外でフライングディスクを使ったドッグショーも行われた。

 大鰐町から訪れた須藤菫さん(11)と快さん(8)姉弟は体長50センチのオウムを触り、「羽がつやつやしてて気持ちいい。おとなしくてびっくりした」と笑顔だった。「ふれあい体験」は6日まで。(仲川明里)
https://www.asahi.com/articles/ASL5352ZHL53UBNB007.html

http://archive.is/63Ric

タグ:オウム
posted by BNJ at 11:36 | Comment(0) | 愛玩鳥/飼い鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: