2018年05月05日

52羽出陳、美しさ競う 大館市で比内鶏・金八鶏展【秋田魁新報2018年5月5日】

容姿の美しさを競った展覧会
 第61回県比内鶏・第45回金八鶏(きんぱどり)展覧会が4日、大館市民体育館で開かれた。県内の11人が比内鶏19つがい(38羽)と金八鶏7つがい(14羽)を出陳、容姿の美しさを競った。

 県声良鶏(こえよしどり)比内鶏金八鶏保存会(略称・秋田三鶏保存会、関口宣男会長)の主催。各つがいはそれぞれケージに入れられ、関口会長が体形や羽の色つやなどを一組ごとに審査した。関口会長は「直射日光を避けるなど、しっかり飼育した跡がうかがえる。出陳者同士で情報を交換し、研さんを積んでいってもらいたい」と話した。
(全文 668 文字 / 残り 420 文字)
http://www.sakigake.jp/news/article/20180505AK0006/

http://archive.is/bSZuV

posted by BNJ at 11:14 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: