2018年05月05日

10歳バードウオッチャーが行く野鳥の楽園、夢は562種全制覇【AFPBB News2018年5月5日】

コロンビア・カリ郊外の雲霧林サンアントニオで観察されたシロエリハチドリ(2018年3月1日撮影)
【5月5日 AFP】体は小さくとも、抱く夢は壮大だ。フアン・ダビド・カマチョ(Juan David Camacho)くん(10)は、双眼鏡を片手に南米コロンビアのジャングルを踏み分けて、国内に生息する全ての鳥をその目で見たいのだという。

 コロンビアには世界で最も多種多様な鳥が生息する。その数およそ1920種、地球上の鳥の種類の実に19%を占める。正真正銘、バードウオッチャーの楽園だ。

「カメラに双眼鏡、三脚台を持って朝早く出かけるんだ。あとは黙って昼まで鳥を見る」。枝に羽を休める珍しい鳥の姿を見逃がすまいと、注意深く辺りの木々に目を配りながらフアンくんは言った。

 父親に連れられて初めてバードウオッチングを体験してから3年、フアンくんの「翼のある友達」探しへの情熱は、ついに大好きなサッカーと肩を並べるまでになった。毎月1回、国内第3位の都市カリ(Cali)周辺の熱帯雨林を旅している。

 約250万人が暮らすカリのあるバジェデルカウカ(Valle del Cauca)州は、コロンビア南西部に広がる緑の大地の中核を成す。同州とアンデス(Andes)山脈にまたがる熱帯雨林には562種もの鳥類が生息し、専門家のカルロス・ワグネル(Carlos Wagner)氏によれば「欧州のどこよりも多い」という。

 フアンくんは既に491種の鳥を確認し、うち200種は写真に収めたとAFPに話した。

 とはいえ、コロンビアには広大な未踏の地がある。数十年に及ぶ内戦で、旅行には危険すぎるとされてきた地域だ。国内最大のゲリラ組織から移行した左翼政党「人民革命代替勢力(Common Alternative Revolutionary Force、FARC)」との和平合意によって、こうした未踏地の調査ができるようになることをバードウオッチャーたちは願っている。

 今はアンデス山脈を象徴する希少種コンドルの姿を追っているフアンくん。コロンビア全土を制覇した暁には、外国にも進出し、ゆくゆくは鳥類学者として活躍したいと教えてくれた。
http://www.afpbb.com/articles/-/3168912

http://archive.is/7T0D7

posted by BNJ at 11:36 | Comment(0) | 海外の鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: