2018年05月10日

愛鳥週間スタート、野鳥探し【北國新聞2018年5月10日】

野鳥観察を楽しむ愛好者=10日午前10時、金沢市の健民海浜公園

 愛鳥週間が始まった10日、野鳥の生息地として知られる金沢市の健民海浜公園内の通称「普正寺の森」をはじめ、石川県内の観測地には双眼鏡やカメラを手にした愛好者が訪れ、野鳥のさえずりに耳を澄ませ、ひとときの対話を楽しんだ。

 普正寺の森では、コムクドリやキビタキ、シメ、カワラヒワ、オオルリなどの野鳥が飛び交い、愛好者が写真に収めた。大阪府枚方市から夫婦で訪れた久木田ミヨ子さん(70)は「遠方からやって来る渡り鳥にロマンを感じる。愛鳥週間を自然の大切さを感じる機会にしたい」と話した。愛鳥週間は16日まで。

 10日は県内で第47回ふるさとのツバメ総調査(北國新聞社後援)が始まった。16日まで行われ、児童約1万1千人がツバメの成鳥数や巣の場所などを調査する。
http://www.hokkoku.co.jp/subpage/E20180510001.htm

http://archive.is/xrVoL

posted by BNJ at 21:51 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: