2018年05月25日

まるで本物 木彫り鳥展 姶良市蒲生で31日まで【南日本新聞2018年5月25日】

木彫りの鳥たちと畠野尚利さん=姶良市蒲生
 姶良市蒲生の岡家具店内ギャラリーで、木彫りの野鳥展が開かれている。霧島市隼人の畠野尚利さん(71)が作った実物大で本物そっくりな鳥の置物約30点を展示している。31日まで。
 メインは薩摩鶏で、約70センチ大の3羽を会場中央に置いた。ほかにもカワセミ、メジロ、スズメ、アカショウビンなどが並ぶ。
 元会社員の畠野さんは鳥が好きで、約30年前から彫り始めた。電動工具で大まかな形にして毛を彫り、着色する。実際に生態を観察し、毛のふさふさ感や細い足などを精巧に再現した。「リアルさを見てほしい」と話している。午前中はギャラリーに滞在予定。
https://373news.com/_news/?storyid=92736

http://archive.is/lwc4p

posted by BNJ at 10:29 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: