2018年05月30日

出雲・経島のウミネコ孵化調査 ヒナ411羽確認、2年連続増加【産経ニュース2018年5月30日】

 ウミネコの繁殖地として国天然記念物に指定されている島根県出雲市大社町の経島(ふみしま)で、市文化財課が今シーズン産まれた卵の孵化(ふか)状況を調査したところ、411羽のヒナが確認された。市は「平均値より少ないものの、2年連続で増加している」と話している。

 経島は、同市・日御碕漁港の100メートル沖にある面積4千平方メートルの無人島。ウミネコは冬に飛来して4〜5月に産卵しており、同課は毎年、4月20日前後に産卵状況を、5月20日前後に孵化状況をそれぞれ調査している。

 今シーズンは、産卵調査で254カ所の営巣と484個の卵が確認された。今月24日に行われた孵化状況の調査では、411羽のヒナを確認。過去10年平均の608羽や20年平均の678羽、30年平均の763羽と比べると少ないが、平成18年(9羽)以来の1ケタ台に落ち込んだ一昨年の8羽や、昨年の392羽よりも多かった。

 同課は「2年連続で増えており、まずまず安心できる結果。未孵化の卵や卵が1つしかない巣もあり、孵化数が今後増える可能性もある」としている。
https://www.sankei.com/region/news/180530/rgn1805300041-n1.html

ウミネコ ふ化、ひな411羽確認 経島で出雲市 /島根【毎日新聞2018年5月25日】
411羽のひなが確認された経島のウミネコ=島根県出雲市で、同市提供
 出雲市は24日、ウミネコの繁殖地として国の天然記念物に指定されている経島(ふみしま)(同市大社町日御碕)の生態調査で、ひな411羽を確認した。

 昨年(392羽)を上回ったが、過去10年の平均(608羽)は下回った。専門調査員の濱田義治さん(75)は「飛来数が近年減っている中で、暖かい日が多く順調にふ化した」とみている。【山田英之】
https://mainichi.jp/articles/20180525/ddl/k32/040/371000c

http://archive.is/l9Kb7
http://archive.is/miIwQ

posted by BNJ at 11:21 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: