2018年05月26日

市職員らが対応に追われる…香川・丸亀市中心部に「カワウ」けがで動けず【KBS瀬戸内海放送2018年5月25日】

 25日朝、香川県丸亀市中心部の交差点に現れたのは…カワウです。警察や市の職員が対応に追われました。

 25日午前8時40分ごろ、丸亀市大手町の交差点に、カワウがいるのを巡回中の警察官が見つけました。

 真っ黒な体に、魚を獲るための鋭いくちばし。通常は海沿いや川、池に生息しています。

 車道に出ないよう警察官や通行人が見守りますが、ほとんど動きません。実はカワウ、飛ぶことも歩くこともできない、けがをしていたようです。

 約30分後に、丸亀市の職員が駆けつけて捕獲しました。

(丸亀市の職員はー)
「ここは公共性がある所なので、事故とかあってもいけないので、いったん移動はさせてもらうのですが、資格のある人に対応していただく」

 丸亀市では、カワウのけがの状態から、野生に戻すことは困難と判断しました。また、カワウが水産物を食べる有害鳥獣に指定されているため、この後、殺処分しました。
https://www.ksb.co.jp/newsweb/index/9875?date=20180525

http://archive.is/sHhlV

posted by BNJ at 11:08 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: