2018年06月02日

女性鵜匠巧みに 木曽川うかい開幕【岐阜新聞2018年6月2日】

鮮やかな手縄さばきを見せる鵜匠の稲山琴美さん=愛知県犬山市、木曽川

 岐阜県各務原市と愛知県犬山市境の木曽川で1日、「木曽川うかい」が開幕し、今シーズンの安全を祈願した後、招待客ら約150人が、全国的に珍しい「昼うかい」を堪能した。

 木曽川うかいは昨年、東海地方初の女性鵜匠稲山琴美さん(29)が育児休業から復帰したこともあり、4年ぶりに観覧者数が2万5千人を超えた。今シーズンも昨年並みの観覧者数を見込む。

 犬山市の河川敷で両市の関係者が式典を行った後、鵜舟3隻、観覧船6隻が並んで昼うかいに出発。稲山さんが鵜舟に立ち、8羽の鵜を巧みに操る手縄(たなわ)さばきを見せると観覧者から歓声が上がった。乗船前には鵜飼の歴史や鵜の生態を紹介する「鵜匠のおもてなし」も行い、観覧者を楽しませた。

 10月15日まで、昼夜とも毎日開催。今シーズンからは、昼うかいだけだった稲山さんが土曜日の夜にも登場する。

https://www.gifu-np.co.jp/news/20180602/20180602-45906.html

鵜匠妙技、昼も夜も 木曽川で開幕【中日新聞2018年6月2日】
鮮やかな手縄さばきを見せる鵜匠の稲山琴美さん=愛知県犬山市、木曽川
 岐阜県各務原市と愛知県犬山市境の木曽川で1日、「木曽川うかい」が開幕し、今シーズンの安全を祈願した後、招待客ら約150人が、全国的に珍しい「昼うかい」を堪能した。
 木曽川うかいは昨年、東海地方初の女性鵜匠稲山琴美さん(29)が育児休業から復帰したこともあり、4年ぶりに観覧者数が2万5千人を超えた。今シーズンも昨年並みの観覧者数を見込む。
 犬山市の河川敷で両市の関係者が式典を行った後、鵜舟3隻、観覧船6隻が並んで昼うかいに出発。稲山さんが鵜舟に立ち、8羽の鵜を巧みに操る手縄(たなわ)さばきを見せると観覧者から歓声が上がった。乗船前には鵜飼の歴史や鵜の生態を紹介する「鵜匠のおもてなし」も行い、観覧者を楽しませた。
 10月15日まで、昼夜とも毎日開催。今シーズンからは、昼うかいだけだった稲山さんが土曜日の夜にも登場する。
http://www.chunichi.co.jp/article/front/list/CK2018060202000064.html

http://archive.is/f2ud1
https://megalodon.jp/2018-0602-1234-58/www.chunichi.co.jp/article/front/list/CK2018060202000064.html

アユ漁「木曽川うかい」始まる 女性鵜匠も復帰【毎日新聞2017年6月1日】

posted by BNJ at 12:38 | Comment(0) | 鳥獣狩猟ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: