2018年06月03日

ハヤブサ すくすく成長、巣立ち 泉大津の2羽 /大阪【毎日新聞2018年6月2日】

 泉大津市なぎさ町の「ホテルきららリゾート関空」の高層階ベランダで、絶滅危惧種のハヤブサの子育てが順調に進んでいる。4月12、13日にハヤブサのヒナ2羽が誕生。すくすくと成長し、5月26日早朝には巣立ちを迎え、ホテル上空を飛び回れるようになった。

 今後数週間、幼鳥たちは親鳥から餌の取り方や飛び方を教わり、6月下旬ごろ、自らの居住地を求めて旅立つとみられる。2006年からハヤブサの見守り活動を続けている「泉大津ハヤブサ・サポート倶楽部」の阪上幸男さん(69)は「巣の近くには高速道路のパーキングエリアやガラス張りのビルもあり、常に都会の危険と隣り合わせ。無事を願っている」と話した。
https://mainichi.jp/articles/20180602/ddl/k27/040/375000c

http://archive.is/xZmfD

タグ:ハヤブサ
posted by BNJ at 11:14 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: