2018年06月04日

孤高のクマタカ 新見の空に舞う 絶滅危惧種、本紙記者が撮影成功【山陽新聞デジタル2018年6月3日】

雄々しく空を舞うクマタカ=3日午後0時28分撮影

 新見市の中国山地で3日、希少な猛禽(もうきん)類の「クマタカ」の撮影に本紙記者が成功した。

 クマタカは環境省のレッドデータブックで絶滅危惧種に指定されている大型の猛禽。イヌワシなどとともに食物連鎖の頂点に君臨する。ノウサギやヤマドリ、ヘビなどを獲物とし、岡山県内では主に中北部の山林に生息する。

 出会いは10年前、ハンググライダーで飛行していたときだった。翼を傾けて弧を描き、手を伸ばせば届きそうなところまで上昇してきた。一瞬、目が合った。柿色に光る瞳は空の王者の威厳に満ちていた。

 その日から再会を願い続け、チャンスは突然やってきた。3日は山中でカメラを構えていたところ、眼前を音もなくクマタカが通りすぎ、無我夢中でシャッターを切った。

 たった1羽。やがて点になり、山並みのかなたへ。雄々しく空を舞う「孤高の鳥」の姿は、見る者の“心の地平線”を広げてくれるようだった。
http://www.sanyonews.jp/article/726108

https://megalodon.jp/2018-0604-2216-32/www.sanyonews.jp/article/726108

posted by BNJ at 22:15 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: