2018年06月04日

コブハクチョウ対馬に8年、すみ着き名物に【読売新聞2018年6月4日】

優雅に泳ぐコブハクチョウ
 長崎県対馬市上県町志多留したる地区の河口に8年前からコブハクチョウ1羽がすみ着き、愛らしい姿が地区の名物になっている。

 コブハクチョウは体長1.2〜1.6メートルで、くちばしの上の根元にある黒いこぶが特徴。欧州などに分布し、日本には動物園や公園用の飼い鳥として輸入された。

 原田義則区長(69)によると、地元にコブハクチョウが初めて現れたのは2010年5月頃で、当時は2羽が確認された。島内の各湾を転々として戻ってきた時は1羽になっており、それ以来、すみ続けているという。水面を優雅に泳いだり、長い首を伸ばしてくちばしで毛繕いしたりする姿に住民らが目を細めている。
http://www.yomiuri.co.jp/kyushu/news/20180604-OYS1T50021.html

http://archive.is/TmLgL

posted by BNJ at 22:39 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: