2018年06月06日

富山)巣立ちの季節 県鳥獣保護センターでヒナを保護【朝日新聞デジタル2018年6月6日】(誤認救護/既報関連ソースあり)

自分でエサをとれないツバメにはピンセットで虫を強制的に食べさせる=2018年6月1日、富山市婦中町吉住

 春から初夏にかけて繁殖する野鳥のヒナが巣立つ季節を迎えている。ツバメやスズメ、ムクドリなど人里近くで生息する野鳥の若鳥が空を飛ぶ姿が見られる一方、県鳥獣保護センター(富山市婦中町吉住)には、巣立ち前のヒナが持ち込まれている。

特集:どうぶつ新聞
 同センターは現在、6羽のカワラヒワと1羽のツバメを救護している。管理員の見浦沙耶子さん(38)によると、孵化(ふか)後約2週間のカワラヒワ4羽は自分でエサをとれず、注射器の先を切り取った道具で穀物を練ったエサを与えている。孵化後約3週間の2羽は、カゴの内側に穀物の穂をくくりつけ、それがエサだと認識するよう訓練中。民家の庭木の巣にいたが、気づかずに庭木が剪定(せんてい)され、親鳥が戻ってこなくなったという。

 同センターには昨年度、ケガをしたり巣立ち前に巣から落ちたりした44種、計230羽の野鳥が持ち込まれた。このうち半分は手当てのかいなく死んだ。見浦さんは「野生に放すことができた若鳥も、親鳥から生きていくすべを習えなかったので生きていけるかどうか」と話す。また「自然界で若鳥は死ぬことが多い。人間が手を出すことは果たしてよいことなのか悩む」という。

 同センターは、交通事故や農薬中毒など人間が原因でケガや病気になった野生鳥獣を救護するが、「巣から落ちたヒナは巣に戻す」「巣立ちしたばかりのヒナは近くの茂みに置く」と呼びかけている。問い合わせは同センター(076・469・5555)。(高津守)
https://www.asahi.com/articles/ASL6433T2L64PUZB002.html

http://archive.is/LZ9Op

野鳥のひなの届け出急増【山梨日日新聞2018年5月19日】
質問なるほドリ スズメの飼育、ダメなの? 鳥獣保護法で禁止 学術研究などは例外=回答・矢澤秀範【毎日新聞2018年4月2日】
モト冬樹、スズメ飼育で都から違法通知届く 弱ったヒナを保護も「諦めるしか…」【デイリースポーツ2018年3月13日】
「日本野鳥の会」が野鳥のヒナとの関わり方がわかる小冊子を配布中【オリコンニュース2017年8月25日】
見守って!野鳥の子育て 日本野鳥の会、ヒナとの関わり方がわかる小冊子を配布【SankeiBiz2017年6月20日】
野鳥、巣立ちの時期 専門家「ひな拾わないで」 親鳥に任せ、見守り【茨城新聞クロスアイ2017年5月9日】(誤認救護/既報関連ソースまとめあり)
(eco活プラス)野鳥、都心でも出会える ヒナが地面にいても、見守って【朝日新聞デジタル2017年5月2日】
「ヒナは拾わないでね」と野鳥の会が呼びかけ / 毎年恒例 “ヒナが巣立つ季節” がやってまいりました【Pouch2017年4月25日】
旅立ちの時 フクロウを放鳥 しろとり動物園【四国新聞2017年1月14日】
御前崎の公園にフクロウ幼鳥 縁起のいい兆し?【静岡新聞アットエス2017年1月12日】

posted by BNJ at 10:42 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: