2018年06月06日

カルガモの恩返し 7羽が無事に孵化【両丹日日新聞2018年6月5日】

 京都府福知山市猪崎、三段池公園内にある市動物園(二本松俊邦園長)で4日、カルガモが抱いていた、アヒルの仲間のコールダックのものと思われる卵から、ひなが無事にかえった。抱いていた卵は9個と分かり、この中からこれまでに7羽が孵化。カルガモは市民が園に持ち込んだ卵から生まれた雌で、卵を抱くのをやめたコールダックの親代わりとして抱卵し、話題になっていた。

 コールダックはもともと園で飼育されていて、今年4月中ごろから終わりにかけて複数の雌が小屋の中で卵を産み、温め始めたが、5月15日ごろに侵入したヘビに何個かを食べられてしまった。

 その後、親鳥はヘビを恐れて卵を抱かなくなった。このままでは卵の中の子どもが死んでしまうと周囲が心配するなか、園に保護されて命をつないだカルガモが、まるで恩返しをするかのように、コールダックに代わって抱卵するようになった。

 カルガモが抱いていた卵からひなが孵化したのは4日午前8時30分ごろから同11時ごろにかけて。ひなは純粋のコールダックのほか、カルガモのような子もいるため、カルガモとコールダックの雄との間に生まれた卵も含まれている可能性があるという。

 カルガモはひなたちのそばに寄り添い、えさの食べ方を教えたりしながら、残った卵を抱き続けている。ひなは、あと1週間ほどすれば、種類が分かるという。

 二本松園長(73)は「何とかひなが生まれてよかった。カルガモには『ご苦労さん』と言ってやりたい。ひなが天敵に襲われないようしっかりと見守りたい」と話している。

写真=カルガモにひっつくひなたち
http://www.ryoutan.co.jp/news/2018/06/05/012759.html

カルガモが親代わり…コールダック抱卵・孵化【読売新聞2018年6月8日】
親子のように過ごすカルガモとコールダックのひな(福知山市で)

 福知山市動物園で、親鳥に代わってカルガモが温めていた小型アヒル「コールダック」の卵からひなが誕生し、話題になっている。

 同園で飼われているコールダックの親鳥が産卵したが、5月中旬に一部を蛇に食べられてから卵を抱かなくなった。すると、同じ小屋で飼育していたカルガモが代わりに抱くようになり、今月4〜5日に7羽が孵化ふかした。

 ひなは1羽が死んだが、カルガモと親子のように一緒に歩いたり、餌を食べたりする姿がみられる。カルガモも1年前、園が保護した卵から生まれており、二本松俊邦園長は「同じカモ科の仲間で放っておけないと思ったのでしょうか。カルガモが恩返ししてくれました」と見守っている。
http://www.yomiuri.co.jp/local/kyoto/news/20180607-OYTNT50177.html

http://archive.is/UMELW
http://archive.is/PgVMa

カルガモが親代わりに抱卵 命救われた動物園で恩返し【両丹日日新聞2018年5月28日】

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: