2018年06月10日

コウノトリ 「最多」4羽、巣立ち間近 島根・雲南【毎日新聞2018年6月10日】

コウノトリのひな4羽。翼を広げるようになったひなもいる=島根県雲南市で2018年5月31日、山田英之撮影
 島根県雲南市で今春生まれた国の特別天然記念物・コウノトリのひな4羽が、今月下旬から7月上旬に巣立つとみられ、専門家からも注目されている。国内の野生コウノトリが絶滅後、野外で4羽が巣立つのは最多。ハンターの誤射でペアを失った雄鳥が、別の雌鳥と繁殖したひなたちでもあり、地域住民は「無事に雲南から大空に羽ばたいて」と願う。

 ひなは雲南市大東町にある電柱の上の巣で今年4月17日までにふ化が確認された。いずれも雌。地元ハンターに昨年5月、雌鳥を誤射された雄鳥が新たなペアで誕生させた。4羽とも体重3キロを超え順調に成長している。

 島根県立三瓶自然館(大田市)によると、ひなが巣立つのは生後70日前後で、4羽がこの間に食べる餌はアマガエルなら約5万6000匹に相当。繁殖の先進地・兵庫県豊岡市にある研究機関「県立コウノトリの郷(さと)公園」の船越稔・主任飼育員は「雲南は餌が豊富で、良い環境がある証明」と話す。

 同園によると、1971年に国内の野生コウノトリが絶滅した後、野外で巣立ったのは3羽が最多という。個体識別のための足環(あしわ)は既に取り付けた。

 雲南市での繁殖は、コウノトリの種の保存にも重要な意味を持つ。野外繁殖は長く豊岡市とその周辺に限られていたが、雲南市と徳島県鳴門市で昨年、ひなが誕生。繁殖地の拡大で遺伝子の多様性が生じ、絶滅のリスクが低くなると期待されている。コウノトリを教材にした授業を全学年で実施する雲南市立西小の5年生、園村望乃(のの)さん(10)は「雲南の空を元気に飛んでほしい」と4羽を見守っている。【山田英之】
https://mainichi.jp/articles/20180609/ddf/041/040/011000c

追跡 雲南・コウノトリ 悲願の巣立ち近づく 昨年の誤射死乗り越え 1971年の絶滅後、県内初 /島根【毎日新聞2018年6月7日】
ひなに足環が付けられ、高所作業車で巣に戻された=島根県雲南市で、同市教委提供
 雲南市大東町で今春生まれた国の特別天然記念物・コウノトリのひな4羽が順調に育っている。昨年は巣立つ前に母鳥がハンターの誤射で死んだため、研究機関「兵庫県立コウノトリの郷(さと)公園」にひなが保護され、人工飼育を経て放鳥された。1971年に国内の野生コウノトリが絶滅してから県内初となる悲願の巣立ちが近づいている。【山田英之】

 「昨年の悲しみを乗り越え、ここまでひなが育った。4羽とも巣立つことを住民みんなが願っている」。住民組織春殖(はるえ)地区振興協議会長、石川幸男さん(72)は5月25日、コウノトリに足環(あしわ)を付ける作業を見守った。

 巣は電柱の上にあるため、高所作業車を使って作業。観察を担当する市教委に、郷公園、中国電力、三瓶自然館サヒメル(大田市)、県獣医師会などが協力した。巣に近い春殖交流センター(雲南市大東町大東下分)では、報道関係者らがカメラを構えた。

 親鳥は福井県越前市で放鳥された雄の「げんきくん」と、豊岡市生まれの雌「ポンスニ」のペア。足環はコウノトリを見分けるためで、げんきくんには右足に黒と緑、左足に二つの青い足環がある。足環装着は生後40日が目安で、付けてから約1カ月で巣立つという。


双眼鏡で足環装着作業を見守った雲南市立西小の児童=島根県雲南市で、山田英之撮影
 雲南市立西小学校の児童も作業を見学した。6年生の永瀬智仁さん(11)は「ひなの成長が早い。長生きしてほしい」と願う。4年生の神田翼さん(9)は「大空を羽ばたけるように大きくなってほしい」、5年生の日室颯太さん(10)は「餌になる生き物を増やしたい」と語った。

 雲南市教委によると今年2月19日に巣作りを開始、4月17日までに計4羽のひなを確認した。郷公園によると、豊岡市とその周辺以外で、絶滅後にひなが野外で巣立つのは、徳島県鳴門市に次いで全国2カ所目。雲南市教委の景山明教育長は「雲南の環境を誇りとして子どもたちに伝えたい」と話す。郷公園総務課の西井喜久主任指導主事は「繁殖の拠点が豊岡以外に複数あるのが理想で、雲南は重要」とみる。
https://mainichi.jp/articles/20180607/ddl/k32/040/356000c

http://archive.is/Za0b1
http://archive.is/UxGym

posted by BNJ at 10:33 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: